2021 年冬季のお願いと感謝のメッセージ

パラマハンサジの教えの光を分かち合うために団結する

Back to Schedule
Donate

この世には、助けを必要としている人がたくさんいます。そして神は、喜んで神の愛の媒体となる人々を通して、彼らを助けてくださるのです。

パラマハンサ・ヨガナンダ

あなたのサポートが変化をもたらします

皆さまからのSRFへのご支援は、皆さまが想像する以上に多くの変化をもたらします。私たちは共に多くの人々に関わっています。

2021年冬のお願いをお読みいただき、グルジの事業への皆さまからのご支援によって、世界中のあらゆる地域の方々にグルの教えが広まり、人々を向上させていることをご理解いただきたいと思います。

パラマハンサジの教えの光を分かち合うために団結する

グルの事業における歴史的節目

イタリア語の新版レッスンを公開

SRF Italian Translation Team Milan 2019
SRFイタリア語翻訳チームのメンバー。2019年ミラノでのミーティングにて。

私はこのレッスンを長年待ち続けてきいました。今、ようやく手にすることができ、大喜びしています! このプロジェクトに関わったすべての人に感謝します。

イタリアのSRFメンバーから届いたメッセージをご紹介します。多くの方が同じような想いを伝えてくださいました。

今年8月、新版SRFレッスンのイタリア語版が公開されたのですから、彼らの喜びは当然です。

SRFの基本瞑想法や活性化の技法は、これまでも長年にわたりイタリア語で提供されてきましたが、今回、SRFの教えの基盤となる18巻からなる包括的レッスンとクリヤ・ヨガに関するレッスンが翻訳されました。そこにはこれまでイタリア語では読むことができなかった霊的啓発や教えが何百ページにもわたり掲載されています。

「会員の中には、この道に入り30年、40年になる人たちがいます。彼らは英語がわからないためにレッスンを読むことができませんでした。イタリア語版を手にしたとき、ある人は泣き、ある人は飛び上がって喜びました」と、このプロジェクトのベテラン翻訳者である信者の一人は語っています。

ある会員の無私の献身によって心を打つチームワークが生まれました

新しいイタリア語版レッスンの発表は、イタリアの一般会員翻訳グループ、SRF僧侶、SRF翻訳・出版部門の専任スタッフによるチームワークと共同作業が生んだ感動的な成果の一例です。

2020年、イタリアチームの翻訳作業は、ある会員の健康状態が深刻な症状と診断されたことで、特別な展開を迎えました。ベテランのメンバーがその時の話をしてくれました。

「私たちは皆、[彼女]*の指導とサポートを求めていました。彼女は優れた翻訳者、書き手であるだけでなく、親切で明るく、深く謙虚な心を持っており、接する人すべてを静かに向上させてくれました。彼女はSRFのイタリア語翻訳で幅広い経歴を持ち、チームの多くの人にとって素晴らしい知識の源でした。彼女の貢献のおかげで、イタリア語レッスンは、グルジの本来のお言葉の美しさと荘厳さを伝えるものとなっています。

残された時間が少ないと知ると、彼女は日夜作業しました。

そして、彼女の分担する基本レッスンと目標としていた最初の五つのクリヤ・レッスンを翻訳し終えました。それからしばらくして、彼女は愛する家族に囲まれて、自宅で息を引き取ったのです。

私たちは皆、彼女がグルジに最後まで仕えたいという崇高な願望を叶えたと感じました。自分の役割が終わると同時に彼女は肉体を去りました。

彼女が亡くなった後、それまで彼女と密接に作業してきた翻訳チームは団結し、愛と力の限りを尽くしてこの翻訳作業を完結させました。この間、SRF僧侶たちは常に愛情をもってサポートしてくれました。」

* 常に謙虚に裏方に徹したいという彼女の意向を尊重し、お名前は伏せさせていただきました。

熱狂的な反響

イタリアでの反応はとても感動的なものでした。ある信者のグループからは、このような感謝の言葉が寄せられました。

私たちの言語で書かれたこの素晴らしい贈り物は、イタリア国民全体の進化向上に貢献すると信じています。・・・私たちの心からの感謝の気持ちを、僧侶の皆さまとイタリア語版レッスンの制作と翻訳に参加したすべての信者に捧げます。

今後に向けて―さらなる翻訳、さらなる喜び

皆さまからの継続的なご支援により、今後、この喜びの体験をより多くの方々にもたらすことができます。

世界中のいくつもの大陸から100名以上の一般会員ボランティアのチームが参加し、僧侶たちと協働してレッスンの多言語翻訳作業を進めています。さらに約240名のボランティアが、SRFの書籍やウェブサイト、会員への案内文などの翻訳作業を行っています。

SRF 2021年冬季のお願いへのご寄付は、この重要な翻訳作業を促進し、大きく成長するボランティア・チームの取り組み調整に必要なスタッフ、ソフトウェア、コンピューター・システム拡充のための経費に充てられます。

SRF翻訳の進捗状況につきまして、近日中にさらにご報告さしあげたく存じます。私たちが団結することで、パラマハンサ・ヨガナンダの教えの光を、一人でも多くの求道者に届け、世界的な家族に大きな貢献をもたらすことができます。

(最終更新:2021年11月22日)

flower

私たち世界的家族のつながりを確かめる

2021年SRFコンボケーション

会員や友人の方々からの寛大なご協力のおかげで、今年のオンライン・コンボケーションをすべての人に無料で提供することができました。世界165カ国から28,000人以上が集まり、霊的恵みに満ちあふれたクラス、瞑想、キールタンを味わい、聖なる友情を育みみました。

SRF会長のブラザー・チダナンダは講演の中で、この一週間のイベントの重要性を、世界規模の霊的家族としてのつながりを深めることであると強調しました。

Brother Chidananda 2021 Year End Appeal

少しの間立ち止まって、世界中の多くの国で一人の魂からもう一人の魂へとつながる、信じられないほどの連鎖を思い浮かべてみてください。聖なる友情と弟子としてのつながりが、私たちの聖なるグルとその教え、その技法という聖なる道に結び付けているのです。なんという人生、なんという素晴らしい人生なのでしょう!

ブラザー・チダナンダ

この特別なイベントにご参加、ご協力いただいた皆さまに心より感謝申し上げます。特に、お忙しい中、国際ヘルプデスクや翻訳サービスのボランティアにご協力いただいた皆さま、さらにその他多くの重要な貢献を行ってくださった方々に、心より感激申し上げます。これはまさに、世界規模での聖なる相互奉仕の表れでした。

多くの参加者が、受けとったものに対する感謝の気持ちを伝えてくれました。ある方はこのように書いています。

何と言っていいかわかりません。・・・私の中にあるものは言葉では表現できませんが、むしろ圧倒されている感じです。この一週間は”愛”と呼ぶべきものだったのかもしれません。 すべてのイベントや瞑想を通じて愛のさまざまな表現に圧倒され、私の心は[ブラザー・チダナンダ]と、沢山の光と私を結びつけてくれたすべてのブラザーとシスターへの感謝でいっぱいです。

カリフォルニア州、B.Rさん

今年のコンボケーションをまだ体験していない方、再度体験したい方、こちらのリンクから convocation.yogananda.org、まだご参加いただけます。

2022年SRFコンボケーションは、対面式とバーチャル式の両方で開催することを目指して計画中です。 今後の情報にご期待ください。この度の冬季のお願いへの皆さまからのご支援は、霊的向上のためのこのようなイベントを継続的に開催していくための運営費として大いに役立つものです。

flower

お電話でのお問い合わせはこちらまで

国際ヘルプデスク

Joyce Help Desk Volunteer

画期的な取り組み:SRF国際ヘルプデスク

SRF国際ヘルプデスクは、2020年に開催された最初のオンライン・ワールド・コンボケーションに参加する方々をサポートする目的で開設され、訓練を受けた50名以上のボランティアで構成されています。成長を続けるこのボランティア・チームは、SRFのベテラン僧侶と長年の一般会員による監督指導の下、七つの言語で電話やオンライン・チャットの問い合わせに迅速に対応しています。SRFレッスンの申し込み方法、コンボケーションへの登録方法、オンライン情報やサービスへのアクセス、技術的な問題の解決など、基本的な問い合わせに対応しています。

パラマハンサジの教えへの関心がますます高まり、国際的に会員や友人が増えている中、ボランティアの助けにより、僧侶やスタッフは、霊的助言やその他プライバシーを尊重すべき事柄に集中して取り組むことができるようになりました。またSRFとして、米国太平洋時間帯のサービス時間外にも対応できるようになったことで、世界中の利用者から喜びの声が届いています。

国際ヘルプ・デスクのボランティアに助けて頂き、今回のコンボケーションはとても特別なものになりました。私はiPadの操作が苦手なので、何度もボランティアの方に相談しました。彼らの優しさは、コンボケーションのクラスのように、私を奮い立たせてくれました。

カリフォルニア州、D.Sさん

皆さまのご援助は、国際電話の発信者が国内の電話番号から国際ヘルプデスクにアクセスできるようにする新しいサービスの拡張にも役立ちます。最近、このオプションをイタリアで導入しました。新しいイタリア語版SRFレッスンが発表された今は特に、このサービスが、既存のSRF会員および新規入会者にとって大変価値のあるサポートとなるはずです。

この新しいヘルプデスクは、ボランティアの信者が増えれば容易に拡張できます。最終的に、多言語・24時間体制のサポートを提供する何百人もの信者によるヘルプデスクを目指しています。

ボランティアによる国際ヘルプ・デスクは、SRFの霊的家族の増大する求めに応えるための大変経済的な解決策です。しかし、ボランティアの数を増やすためには、ソフトウェアのアップグレードやライセンス料などの設備経費がかかります。

Winter 2021 Appeal Calling the International Help Desk

SRF 2021年冬季のお願いへのご寄付は、会員サービス国際ヘルプデスクの拡張を促し、新規および長年の会員、友人に必要なサポートを提供します。今後も皆さまに最新情報をお届けしたいと思います。

flower

「壁なき寺院」はさらに拡がります

SRFオンライン瞑想センター

Winter 2021 Appeal Online Meditation

今年私たちは霊的家族同士の驚くべき相互奉仕の数々を目の当たりにしました。もうひとつの素晴らしい例が、SRFオンライン瞑想センターです。パラマハンサジの詩的なフレーズを借りれば、それはしばしば「壁なき寺院」と表現されます。

2019年10月にブラザー・チダナンダ会長によって発足したSRFオンライン瞑想センターは、対面での瞑想会に参加できない方、または寺院や瞑想グループに参加しているものの、オンラインでの交流によるさらなる瞑想の機会と利便性を求めている方たち双方にとっての祝福となりました。

先日、あるSRF会員からこのような感謝の言葉が届きました。

私の街にはSRFの寺院がありますが、私は目が不自由なので訪れることは困難です。今は、OMCを通じて自宅の寺院で瞑想し、グルジやSRFファミリーとのつながりをより強く感じています。また、親愛なるSRF/YSSの僧侶たちからの愛に強く支えられていると今まで以上に直接的に感じています。これはとても大きな祝福です。

カナダ、D.Eさん

オンライン瞑想センターは設立以来急速に成長してきました。僧侶や一般会員ボランティアによって、毎週約50の瞑想や勉強セッションが六つの言語で行われています。ボランティアの方々は、オンラインでのアッシャー係やデジタル・インフラの維持など、重要な役割を担っています。また、SRFセンター部の指導のもと、300人以上のボランティアの活動を調整し、プログラムのスケジュール管理を行う専任スタッフもいます。

SRFへのご寄付は、この国際的な「壁なき寺院」のサービスを広げるために役立てられます。この寺院では、神聖な友情の精神で誰もが歓迎されます。SRFオンライン瞑想センターが提供するさまざまなサービスをぜひご利用ください。

flower

感謝の気持ちを込めて

ハリウッド寺院、インディア・ホールへの新しいエレベーター設置と安全性の向上

Winter 2021 Appeal India Hall elevator
ここまで進みました! ハリウッド寺院の主任聖職者であるブラザー・アニラナンダ(左)と建設プロジェクト監督を手伝っている長年のSRF一般会員が指さすように、インディア・ホールの新しいエレベーターを設置する準備が整いました。これまでの皆さまのご厚意により、このプロジェクトは2022年初頭の完成に向けて着実に進んでいます。

ハリウッド寺院のインディア・ホールのエレベーター・プロジェクトでは、会員や友人からの寛大なご支援により、追加で215,000ドルの資金調達目標を達成しました。この重要なプロジェクトの建設は最終段階に入っており、2022年初頭に完成する予定であることを報告できることを嬉しく思います。このプロジェクトにご協力いただいた皆さま、本当にありがとうございました!

起工式の様子や工事の各段階の写真やビデオなど、ハリウッド寺院の重要な改善点については、以下をご覧ください。ハリウッド寺院インド・ホール アクセシビリティ・プロジェクト.

SRFレイク・シュラインに美しい新湖上展望ハウス

Landing at the SRF Lake Shrine

「唖然とする美しさ!」

SRFレイク・シュラインに新たに復元された湖上展望ハウスを、ある訪問者がそう表現しました。パラマハンサジが愛したカシミールのハウスボートを彷彿とさせる複雑な彫刻が施された柱やパネル、調和のとれた造りで、すでに訪問者のお気に入りの場所となっています。

大変必要とされていた、長い年月で老朽化した以前の湖上展望ハウスの交換作業にご協力いただき、ありがとうございました。

この湖上展望ハウスは、湖岸線全体の修復と補強、という大規模なプロジェクトにおいて3年間かけて皆さまのご協力のもと、完成した最も新しいものです。

皆さまのご協力のおかげで、何世代にも渡る訪問者が、この魅力的な新しい湖上展望ハウスから湖の静かな美しさを楽しむことでしょう。

flower

今後に向けて

ご協力のお願い

Yogananda The Last Smile

SRF2021年冬季のお願いへのご寄付は、パラマハンサジの精神と教えの光を分かち合うために、以下のようなさまざまな方法で役立てられます。

  • SRFレッスン、SRF書籍、電子媒体の翻訳を通じて、より多くの真理を求める人々の魂に届けます
  • SRFオンライン瞑想センターの新しい、拡張された催しに参加して交流を深めます。
  • 国際ヘルプデスク会員サービスを通じて、会員や友人をサポートする新しい方法を提供します。
  • パラマハンサジの世界的な組織の当座および継続的な経費を補います。

パラマハンサジの神聖な使命の重要な部分を担っていただき、ありがとうございます。あなたの寛大な精神は私たちを深く感動させてくれます。神とグルの祝福とご加護をいつも感じることができますようお祈りいたします。

flower

注:Self-Realization Fellowshipは、アメリカ合衆国内国歳入庁内国歳入庁およびカリフォルニア州から非課税団体として認められています。したがって寄付金は法律で認められた税金控除の対象となります。

米国在住の方へ:CARES Actにより、慈善活動に対する連邦税の特別優遇措置が設けられております。この優遇措置は2021年末まで延長されました。もし確定申告の際に寄付をアイテムとして記載すると、最大で100%の控除が受けられる可能性があります。(記載しなければ$300を上限とした控除になります) 詳細は税務の専門家またはIRSにお問い合わせくださいありがとうございます!

flower

シェアする