コンボケ―ションで最高の経験を得るには

Back to Schedule
Donate

    「私たち一人ひとりが、この様なコンボケ―ションの機会に得られる喜びをかみしめ、その経験から高揚感を受け取り、その喜びを標識灯として無知がもたらす暗闇を永遠に払拭できますように。」

    パラマハンサ・ヨガナンダ 

    イべント前の準備

    1.できれば前もって家族に、黙想やチャントを含む一週間のオンライン行事に参加することをお知らせください。そうすれば思いがけず中断されることなく、この体験から存分に恩恵を得ることができます。

    2.コンボケ―ションのイベントやクラス、瞑想に参加しやすい部屋を前もって選んでおきましょう。新鮮な空気は集中力を保つのに役立ちます。

    3.使用する電子機器を事前に選んでバッテリーを十分に充電しておくか、電源コンセントにつないでおきましょう。可能であれば、イベント開催中は不要に集中力をそがれないよう、通知音、着信音、メッセージ受信音をオフにしておきましょう。

    4.コンボケ―ションでモバイル機器をご使用になる場合は、WiFiネットワークへの接続をおすすめします。携帯電話のインターネット接続をご使用の場合は、追加データの購入をご検討ください。(HD動画配信には1時間に3GB、モバイル機器でのZoom 使用には3時間ごとに最大1GBのデータが必要です。)

    イベント開催中

    1.一週間を通して神への思いだけに焦点を置き、またパラマハンサ・ヨガナンダの教えにより存分に浸るため、コンボケ―ション以外の活動は控え、状況が許す限り、イベント・プログラムに全面参加されることをおすすめします。

    2. 期間中にほとんどもしくはすべてのプログラムに参加可能な場合は、コンボケ―ションを最大限に活かすために、各イベントの合間に次のような活動をするとよいでしょう。

    • 自然の美しさを楽しむ。
    • 内観の時を過ごす。
    • 各自の年齢と体の状態に応じた運動をする。これはコンボケ―ションのそれぞれのプログラム中に長時間座ったままの状態からバランスを取り戻すのに役立ちます。体を動かしている間も、神への思いを持続できるような何かしらの方法を試してみるとよいでしょう。
    • 体をリラックスするために、SRF/YSSのレッスン7に示されているような(より簡易的な技法は師の著書『内なる平和』を参照)、パラマハンサ・ヨガナンダの技法を実践する。
    • SRFのさまざまな拠点へのヴァーチャル巡礼やその他のビデオを視聴する。

    3. また、ぜひ特別ヴァーチャル「瞑想ルーム」もご活用ください。こちらは予定されているイベントの合間に毎日公開され、コンボケーションの参加者ならどなたでもご利用いただけます。

    シェアする