敬愛される世界的教師

パラマハンサ・ヨガナンダの啓蒙にあふれる人生の物語を再発見する

Back to Schedule
Donate

パラマハンサ・ヨガナンダが誕生してから100年、敬愛されるこの世界的教師は、インドのいにしえの英知を西洋世界に伝えた偉大な使者の一人として認められるようになりました。その人生と教えは、あらゆる人種、文化、信仰を持つ人々にとっての光と霊感の源であり続けています。

幼少期・青年期および霊的探求

パラマハンサ・ヨガナンダは、1893年1月5日、インドのゴラクプールにて、ムクンダ・ラール・ゴーシュとして、敬虔で裕福なベンガル人の家庭に生まれました。幼少期の頃よりムクンダ少年は、霊的な事柄に対して深い悟りと経験を示す非凡な少年であることが近しい人たちには明らかでした。

両親ともに、近代インドにクリヤ・ヨガを復興させた名高い大師であるラヒリ・マハサヤの弟子でした。ヨガナンダがまだ母の腕に抱かれていた赤ん坊のころ、ラヒリ・マハサヤは彼を祝福してこう予言しました。「若いお母さん、あなたの息子さんはヨギになりますよ。神と人との懸け橋になって多くの魂を神の国に導いていくでしょう。」

少年時代のムクンダは、その霊的探求の旅を導く悟りを開いた師を求めて、インドの多くの聖人賢者のもとを訪ねました。1910年、17歳にしてついにムクンダはスワミ・スリ・ユクテスワ・ギリに出会い、その弟子となりました。そして続く10年間の多くを、この偉大なヨガの大師スリ・ユクテスワの僧院で厳しく愛に満ちた霊的修行を受けながら過ごしました。

初めての出会いから、またその後もたびたび折に触れ、スリ・ユクテスワは若き弟子ムクンダに、「お前は古代伝来のクリヤ・ヨガ科学をアメリカと世界中に広める者として選ばれたのだ」と告げられました。

カルカッタ大学を1915年に卒業したのち、ムクンダは、正式にインドの長い伝統を持つスワミ僧団の僧侶となるための誓いを立て、このとき同時に、ヨガナンダ(神との合一(ヨガ)による至福(アーナンダ)という意味)という名を与えられました。こうして、神への愛と奉仕に生涯を捧げるというムクンダ青年の情熱はついに実を結んだのでした。

世界的な使命の始まり

1917年、ヨガナンダは、少年のための「生き方」を教える学校を設立し、これを手始めとして生涯の仕事に取りかかります。「生き方」の学校では、現代的な教育方法を取り入れつつ、ヨガの訓練と、霊的理想に基づく教えを授けました。カシムバザールのマハラジャ(旧王族)が、ランチ(カルカッタから約400キロの地)に所有していた自身の夏の居所を学校の敷地として提供してくれました。数年後にこの学校を訪れたマハトマ・ガンジーは、このように書き残しています。「ここの制度は私に深い感銘を与えました。」

Py Ranchi School 1918
パラマハンサ・ヨガナンダ(中央右)が設立した「生き方」の学校の生徒および教師(1918年ランチにて)

1920年のある日、ランチの学校で瞑想をしていたヨガナンダは、西洋での事業を開始する時が訪れたことを告げる、聖なる幻を見ました。すぐにカルカッタへ向かったヨガナンダは、その翌日、同じ年にボストンで開催される国際会議にインド代表として出席してほしいという招待状を受け取りました。機が熟したことを知ったスリ・ユクテスワは、「すべてのドアがお前のために開かれている。今をはずすと、機会は二度と来ない」と告げられました。

ヨガナンダがアメリカに旅立つ直前、古代の霊的科学クリヤ・ヨガを現代に復活させた不死身の大師であるマハアヴァター・ババジがヨガナンダのもとを訪ねました。「お前は師の命令に従ってアメリカへ行くのだ。恐れることはない。神がお前を守っていてくださる。お前は、わたしがクリヤ・ヨガの福音を西洋に広めるために選んだ使者なのだ。」「クリヤ・ヨガは、神を知るための科学的技法として、ついにはあらゆる国々に広まるだろう。そして、各人が超感覚的知覚を通じて無限の父に目覚めるようになり、それが国々の和合のうえに役立つだろう。」

若きスワミ・ヨガナンダは1920年9月にボストンに到着しました。国際宗教自由主義者会議における初の講義は「宗教の科学」という演題で、熱狂的な支持を受けました。同年、ヨガナンダは、インドのいにしえの科学・哲学であるヨガと歴史ある伝統的な瞑想方法に関する教えを世界中に普及させるため、Self-Realization Fellowship (SRF)を設立しました。のちに生涯の弟子となるルイス博士およびその夫人、ならびにアリス・ヘイシー夫人(シスター・ヨガマタ)の援助によって、ボストンで最初のSRF瞑想センターが設けられました。

Copy Of 1920 Py 2008 04 C
1920年10月マサチューセッツで開かれた国際宗教自由主義者会議出席者の一部。この会議でヨガナンダジ(右から二人目)はアメリカにおける処女講演を行った。

続く数年間に、ヨガナンダ師は東海岸で講演や講習会を行い、1924年には大陸を横断する講演旅行に乗り出しました。その後、1925年の初頭にロサンゼルスに移ると、マウント・ワシントンの頂きにSRF国際本部を設立し、拡大していく事業の霊的・組織的拠点としました。

Py Biography Beloved Teacher Beginning Of The World Mission

西洋におけるヨガの第一人者

1924年から1935年にかけ、ヨガナンダ師は各地を訪れ、ニューヨークのカーネギー・ホールからロサンゼルスのフィルハーモニー公会堂まで、アメリカの最大級の講堂の多くで満員の聴衆を前に講演を行いました。当時のロサンゼルス・タイムズ紙はこう報じています「フィルハーモニー公会堂は、開会1時間前に3000の座席が満席となり、・・・数千人が場外に取り残されるという空前の盛況を呈した。」

Py A Pioneer Of Yoga In The West 4

ヨガナンダ師は世界の偉大な宗教の根本的な一致を強調し、神を直接個人的に体験するための実践可能な普遍的な方法を教えました。教えに対して熱心な受講生に対しては、魂を覚醒させるクリヤ・ヨガの技法を伝え、西洋で過ごした30年間に10万人以上の男女に伝授を行いました。

受講生の中には、科学、ビジネス、芸術分野での卓越した人物も多く存在し、園芸家のルーサー・バーバンク、オペラ・ソプラノ歌手のアメリタ・ガリクルチ、ジョージ・イーストマン(コダック・カメラの発明者)、詩人のエドウィン・マーカム、指揮者のレオポルド・ストコフスキーなどが含まれます。1927年、師の活動を報じた新聞記事に興味を持った大統領カルヴィン・クーリッジは、師と正式にホワイト・ハウスで会見しました。

1929年、2か月間のメキシコ滞在の間に、師は、将来ラテン・アメリカで事業を成長させるための素地を築かれました。また、ヨガナンダ師の教えに生涯敬意を示したメキシコ大統領エミリオ・ポルテス・ギル博士の招きを受けました。

Py A Pioneer Of Yoga In The West 5
ルーサー・バーバンクとパラマハンサ・ヨガナンダ(1924年)
Py Biography A Pioneer Of Yoga In The West
メキシコ大統領エミリオ・ポルテス・ギルとスリ・ヨガナンダ(1929年メキシコ・シティにて)

主要な弟子たちとの出会い

また、パラマハンサジは1930年代の中頃までに、SRFの事業を形成していくうえで師を手助けし、ご自身が世を去られた後にクリヤ・ヨガの普及という使命を推進していく担い手となる、初期の弟子たちに出会いました。その中には、師の霊的後継者としてSRFの会長を継ぐように師ご自身が任命された二人の弟子も含まれていました。ラジャシ・ジャナカナンダ(ジェームス・リン)は1932年にカンザスシティでグルに出会い、スリ・ダヤ・マタはその前年ソルトレークシティで師の講習会に参加しました。

Py A Pioneer Of Yoga In The West 3
パラマハンサ・ヨガナンダとスリ・ダヤ・マタ(1939年エンシニタス僧院にて)
Py A Pioneer Of Yoga In The West 2
パラマハンサ・ヨガナンダとのちにスリ・ラジャシ・ジャナカナンダとして知られるジェームス・リン(1933年ロサンゼルスのSRF/YSS国際本部にて)

1920年代、1930年代に師の講演プログラムに参加し、その後の生涯をSRFの事業に捧げることになった弟子たちの中には、1920年にボストンで師に出会ったルイス博士およびその夫人、ギャナマタ(1924年シアトル)、タラ・マタ(1924年サンフランシスコ)、ドゥルガ・マタ(1929年デトロイト)、アナンダ・マタ(1931年ソルトレークシティ)、スラッダ・マタ(1933年タコマ)、サイラスタ・マタ(1933年サンタバーバラ)などがいました。

このように、Self-Realization Fellowshipは、ヨガナンダ師が世を去った後も今日に至るまで長きにわたり、パラマハンサ・ヨガナンダから直接個人的な霊的訓練を受けた弟子たちによって導かれてきました。

ヨガナンダ師のアメリカにおける初期の講演と講話は、断続的な記録としてしか残っていません。しかし、1931年、スリ・ダヤ・マタ(のちに師の世界規模の団体の会長を努める)が僧院に入ってからは、彼女が、何百というヨガナンダ師の講演や講習会、非公式の講話を後世のために忠実に記録するという神聖な役割を引き受け、それによって、師の英知と霊感が元来の力と純粋さを保ったまま記録され、SRFから書籍として出版されています。

インドへの帰国

1935年、ヨガナンダ師は、自身のグルとの最後の再会を果たすため、インドに帰国しました。(スリ・ユクテスワは1936年3月9日に逝去されました。)師は、ヨーロッパ、パレスチナ、エジプトを船と車で旅したのち、1935年の夏にボンベイに到着しました。

Py Return To India 2
スリ・ユクテスワとヨガナンダ(1935年カルカッタにて)

一年間に及ぶ母国滞在中に、ヨガナンダ師は、インド各地の都市で講話やクリヤ・ヨガの伝授を行いました。また、クリヤ・ヨガの伝授を希望したマハトマ・ガンジーや、ノーベル賞受賞物理学者のC.V.ラーマン卿、インドで最も名高い霊的偉人であるラマナ・マハリシやアナンダモイ・マーとの会見を持つこともできました。

このインド滞在中にヨガナンダ師は、スリ・ユクテスワから、インドで最も高貴とされる、パラマハンサの称号を授かりました。「パラマハンサ」とは「最高の白鳥(霊的識別力を象徴する)」の意味で、神と合一した究極の状態に確立された者を意味します。

Py Return To India
スリ・ヨガナンダとマハトマ・ガンジー(1935年ワルダーにて)

インドにおられる間に、ヨガナンダ師は、自身のインドでの事業の永存拠点として、Yogoda Satsanga Society of India (YSS) を設立しました。コルカタ近郊ダクシネスワのガンジス河のほとりに建つ総本部(下写真)と最初にランチで始まったアシュラムを拠点として、インド各地で学校や僧院、医療センター、慈善事業を展開するこの組織は、今日まで繫栄し続けています。

Py Return To India 3

師は1936年の暮れにアメリカに戻り、そのままアメリカで残りの生涯を過ごされた。

霊的基盤を築き上げる

1930年代に入ると、パラマハンサ・ヨガナンダは、国内各地の一般聴衆を対象とする講演を減らし始め、そのメッセージを後世に伝えるための著作物の執筆と、SRF/YSSの霊的・人道的事業を永続させるための基盤づくりに心血を注がれるようになりました。

講習会で師が生徒たちに与えた個人的な助言や指導の内容は、師のご指示により、SRFの家庭学習用レッスン全セットとしてまとめられました。このレッスンは、師が存命中と変わらず、今日も購読が可能です。

Py A Spiritual Foundation 3

グルがインドにいらして不在の間に、太平洋を眼下に見下ろすカリフォルニア州エンシニタスの地に、師のための美しい僧院が建てられました。これは、師の愛弟子であったラジャシ・ジャナカナンダによって寄贈されたものです。ここで師は多くの年月を過ごされ、ご自身の自叙伝や他の著作に取り組まれるほか、今日まで続く、SRFのリトリート・プログラムも開始されました。

Py A Spiritual Foundation 1

また、複数のSRF寺院(エンシニタス、ハリウッドおよびサンディエゴ)を建立し、各寺院で定期的にSRF会員や一般聴衆に向けて、霊的な主題にまつわるさまざまなお話をされました。これらの講話の多くは、スリ・ダヤ・マタによって速記記録され、三巻のパラマハンサ・ヨガナンダ講話集および『セルフ・リアリゼーション』誌(いずれもSRFより発行)に収められています。

1946年、ヨガナンダ師の生涯を綴った『あるヨギの自叙伝』が出版されました(のちの改訂版で大幅に増補)。初版以来、多くの言語に翻訳され、長年にわたるベストセラーとなっています。この本は、現代における霊的著作の傑作として認められています。

1950年、パラマハンサジは、ロサンゼルスの国際本部で第一回目のSRFワールド・コンボケーションを開催されました。一週間にわたるこのイベントは、今日、世界中から毎年何千人もの人々が参加するイベントにまで成長しています。師はまた、パシフィック・パリセーズに、うるわしき湖の聖園SRFレーク・シュラインを建立し、4ヘクタールほどある敷地の湖畔に設けられた瞑想の庭にはマハトマ・ガンジーの遺灰の一部が収められています。レーク・シュラインは、カリフォルニアで最も有名な霊的名所の一つとして知られています。

Py A Spiritual Foundation

晩年およびマハサマディ

最晩年になるとパラマハンサ・ヨガナンダは、ほとんどの時間を隠遁して過ごされ、ご自身の著作物を書き終えることに集中して取り組まれました。この時期に書かれた書物のなかには、バガヴァッド・ギーターおよび四つの福音書で伝えられるイエス・キリストの教えについて注解された二冊の注釈書や、『Whispers from Eternity』やSRFのレッスンなど、初期の著作物の改訂版などが含まれます。また、師がこの世を去られた後も、スリ・ダヤ・マタやスリ・ムリナリニ・マタ、さらに他の師の側近の弟子たちが師の世界規模の事業を担っていけるよう、彼らに霊的・組織的な指導を授けるなど、多岐にわたる訓練を施されました。

師は弟子たちにこう告げられました。

「わたしの体は消え去るが、わたしの仕事は続く。そしてわたしの精神も生き続ける。わたしがいなくなっても、わたしは神のメッセージをとおして世界を救済するために、あなた方みなと一緒に働くだろう。

霊的な内的援助を心から求めてSRFを訪れる者たちは、彼らが神に求めたものを受け取るだろう。わたしが肉体にあるうちに来た者にも、肉体を去ったのちに来る者にも、SRFの一連の大師の方々を通して神の力は平等に注がれ、彼らを解脱に導くだろう。・・・不死身のババジは、誠実なSRF会員全員の成長を見守り、導くことを約束しておられる。すでに肉体を離れておられるラヒリ・マハサヤとスリ・ユクテスワジ、そして私自身、肉体を離れた後も、誠実なSRFとYSSの会員をともに守り、導いていくのである。」

1952年3月7日、この偉大なる師(グル)はマハサマディに入られました。マハサマディとは、神の悟りに達した大師が肉体的な死の瞬間に意識的に肉体の衣を脱がれることです。ロサンゼルスのビルトモア・ホテルにおいて、駐米インド大師ビナイ・R・セン博士のために開いた晩餐会で短い挨拶を終えた直後のことでした。

その遺体には特別な現象が見られました。フォレスト・ローン墓地の所長による検証報告には、このような証言が残っています。「彼の肉体は、死後20日に及んでも全く分解の色が見えなかった。・・・死体がこのように長い間、完全な状態を保持した例は、この遺体安置所が始まって以来、類例のないことである。・・・ヨガナンダ師の遺体は明らかに、まれに見る不朽状態にあった。」

かつて、パラマハンサ・ヨガナンダのグル、スワミ・スリ・ユクテスワはヨガナンダのことを「聖なる愛」の権化と言われたことがありました。のちに、ヨガナンダ師の弟子、ラジャシ・ジャナカナンダ(SRFの二代目会長)は、師ヨガナンダにプレーマアヴァター(聖なる愛の権化)という称号をささげました。

パラマハンサ・ヨガナンダの没後25周年を記念する年に、生前師が行った人類の霊性向上への貢献が、インド政府によって正式に認められました。記念切手が発行されるとともに、下記のような賛辞が寄せられました。

神への愛と人類への奉仕の理想は、パラマハンサ・ヨガナンダの生涯に見事に表現されている。・・・その生涯の大半を外国で過ごしたが、それでも、彼はやはりインドの偉大な聖者たちの一人に数えられるべき人物である。彼の遺業は、現在ますます発展し、光を放ちながら、神への旅路を行く世界中の人々を魅了しつづけている。

2017年、インドのナレンドラ・モディ首相は、2017年3月7日にニューデリーで催された特別式典の中で、パラマハンサジに賛辞を贈られました。また同じ式典の中で、YSS設立100周年を記念した新しい切手がインド政府によって発行されました。パラマハンサジがマハサマディに入られたこの日が、記念日として選ばれたのです。

ナレンドラ・モディ首相はその見事な演説の中で、パラマハンサジをインドにおける最も偉大なヨギ・教師――その生涯と業績を通じてインドが有する霊性の多大な価値を世界に示した偉人――の一人として評されました。さらに、設立者の貴重な教えと精神を保持し、現代世界にインドのいにしえの遺産を伝えることに成功しているとして、YSSの業績を称えられました。

2014年、パラマハンサ・ヨガナンダの生涯と業績を描いたドキュメンタリー映画『永遠のヨギーヨガをめぐる奇跡の旅』が劇場公開され、世界中の観客に熱狂的に受け入れられました。

Srf Ai P 5207 24 043

シェアする