Self-Realization Fellowship Blog

世界中で一日を通して行われる祈りに参加する

4月 03, 2020

コロナウイルスの世界的流行で、多くの国々が健康上の危機に直面していますが、皆さんが安全と健康の維持に必要なあらゆる対策を実行していることを願い、祈っております。私たち皆が未知の領域を歩かねばならないこの時期に、SRF/YSS会員の皆さんが難局に立ち向かい、魂の本来の特質である信仰、勇気、精神的強さ、そして深い祈りという形も含めてお互いの助け合いを示しておられるのは心強いことです。

パラマハンサ・ヨガナンダは祈りの力を強調して次のように言われました。「たいていの人が、何か起こるのは自然で避けられないことだと思っています。祈りによって劇的な変化を引き起こせることを、まったく知らないのです。」ご存知かもしれませんが、SRFの僧侶や尼僧は、祈りを依頼された方のため、またすべての会員と世界全体の幸福のために日々祈りをささげています。そして多年にわたり、SRF/YSS「世界を結ぶ祈りの環」の参加者も、世界中の寺院やセンターあるいは自宅において、この努力に力強い貢献をし続けています。

私たちは皆、グループで集中し協力して努力することにより、祈りの力の効果をさらに高めることができます。SRFの僧院では、僧侶・尼僧全員が、人々の癒しのため、および世界の調和と平和のために、毎日一定の時間に祈りを行っており、同じ時間に祈りを行いたいと願う方の参加を歓迎しています。SRFの国際本部およびカリフォルニア州各所において、僧侶・尼僧は、下記の時間に癒しの祈りを行っています。(アメリカ太平洋夏時間)

  • 7:50 - 8:00 a.m.(日本時間の23:50 - 0:00)
  • 12:50 - 1:00 p.m.(日本時間の4:50 - 5:00 a.m.)
  • 6:50 - 7:00 p.m.(日本時間の10:50 - 11:00 a.m.)

あなたがいる場所の時間帯によっては、インドのYSSで癒しの祈りが行われる時間への参加も検討してみてください。詳しくはYSSのウェブサイトをごらんください

上記時間帯がスケジュールに合わない場合は、日々の自分のスケジュールに合わせて祈りを行うこともできます。祈りの最後には、パラマハンサジが教えられた癒しの技法を行うことをお勧めします。

「世界を結ぶ祈りの環」をつくる際、パラマハンサジは言われました。「何千もの祈りがつながるとき、平和と聖なる癒しの力強い波動が生み出される。それは、望む結果をもたらすために計り知れない価値をもつ。」

この師の励ましがあなたに強さをもたらし、世界が私たち皆の祈りを受け入れているのを思い浮かべる助けになりますように。そしてあなたが、聖なる加護という砦(とりで)のなかで、ずっと安全でいられますように。

ビデオ:3月14日、SRF/YSS会長ブラザー・チダナンダが、パラマハンサ・ヨガナンダの癒しの技法を実際にリードし、ガイド付き瞑想の最後の祈りと霊的な保証についてのメッセージを伝えました。このビデオは、人々のため世界のために祈ろうという努力の一環として、癒しの技法をブラザー・チダナンダとともに行いたいと願う人々のために、抜粋して提供しています。

シェアする

もっとSRFブログを読む
Chidananda Ukraine message blog landing page

3月 01, 2022

ウクライナ侵攻に関するブラザー・チダナンダからのメッセージ

もっと読む
B Bro Chidananda 2021 New Years Message

12月 27, 2021

ブラザー・チダナンダからの新年のメッセージ

もっと読む
Brother Chidananda 2020 Website Christmas Letter 112420

12月 01, 2021

2021年 ブラザー・チダナンダからのクリスマスのメッセージ

もっと読む