キールタン(聖歌)とは

Back to Schedule
Donate

音楽とは楽しむためだけでなく、神の悟りへの道としても用いることができる、聖なる技法です。

パラマハンサ・ヨガナンダ

パラマハンサ・ヨガナンダは、神にささげる聖歌というインドに伝わる技法を西洋に紹介し、何千人もの人々に神への愛に浸りながら聖歌をともに歌う体験をもたらしました。偉大なる師は、1926年4月、かの有名なニューヨークのカーネギー・ホールにて、満員の聴衆に向け、聖歌『おお、神はうるわし』を教えました。師はのちに振り返っています。

「何千人もの聴衆が声を合わせ、1時間25分にわたり・・・喜びに満ちた神への賛美の神々しい空気に包まれながら・・・歌いました。翌日になり多くの人々から、前日の聖なる詠唱中に起こった神の知覚や体・心・魂の癒しが報告され、今後の講演でも再びこの聖歌をとりあげてほしいという依頼がいくつも届いたほどです。」

シェアする