Self-Realization Fellowship Blog

「神と私たちの同胞への奉仕」パラマハンサ・ヨガナンダ

7月 06, 2021

Py 3326

人生とは主として奉仕であるべきです。その究極の目標無くしては、神があなたに与えた知性がそのゴールに近づくことはないでしょう。奉仕をしているときあなたは小さな自己のことは忘れて、無限の霊としての大きな自己を感じることでしょう。

いつも個人的な幸せを求めて努力するよりも、他者を幸せにするようにしてみなさい。他者への霊的、精神的、物質的な奉仕をするなかで、あなたはあなた自身の必要性が満たされるのに気づくことでしょう。 あなたが他者への奉仕をするなかで自我を忘れるにつれ、 求めることなく、あなたはあなた自身の幸せのカップが一杯になったことに気がつくでしょう。

性別、信条や階級の区別無しにいつでも他者を助ける準備があなたにあれば、あなたの心は全ての人類を受け入れるのに十分なほど大きくなります。いったん全人類と生きとし生けるものの愛があなたの心に入れば、それは神の一つの心になります... 全ての心のランプで神の愛が燃えていることを認識すれば、神の愛だけが全てのものや全ての人の中を流れていることが見え感じられるでしょう。あなたが受容的な人間に会うときはいつでも、あなたがあなた自身の全般的な幸福に関心を抱いているのと同じぐらい、彼の肉体的、精神的、霊的な幸福に関心を持っていることを行動を通して表現しなさい。そして彼にそう感じさせなさい。他人の形をとったあなた自身のためにあなたが出来ることをやらずにおいてはいけません。

あなたは自分のために働いているのだという考えをやめなさい。 日常の活動において「私」「私の」という意識を減らし、より神と一体となったものにするよう懸命に努力し、神を見つけなさい。あなた方の一人ひとりが、あなたが神の意識の中で全ての活動を行っているのだと感じることができるのです。例えば、自分自身のために食べるのではなく、神が住んでおられる肉体の神殿のお世話をするために食べるというように。 例えば個人の利益のために働くのではなく、神への奉仕として、神を考えながら働くというように。

もしあなたが愛する神のために働けば、あなたの人生は愛と強さで満たされたものになるでしょう。内側でその日の活動全てを神に捧げなさい、そして仕事が終わったら、 沈黙の神殿で神と霊交しなさい。

パラマハンサ・ヨガナンダの世界規模の活動をサポートするための奉仕と協力にご参加ください。

喜びに満ちたボランティア精神の中でパラマハンサ・ヨガナンダの仕事をサポートし、仲間の会員と繋がる沢山のプログラムと機会についてもっと知るために私たちのボランティア・ポータルをご覧ください。

注: 将来的にwebサイトを翻訳する予定ではありますが、現時点ではボランティア・ポータルは英語のみで提供されています。

flower

シェアする

もっとSRFブログを読む
KRISHNA BLP

7月 29, 2022

パラマハンサ・ヨガナンダの僧院より ジャンマシュタミのメッセージ

もっと読む
Chidananda Ukraine message blog landing page

3月 01, 2022

ウクライナ侵攻に関するブラザー・チダナンダからのメッセージ

もっと読む
B Bro Chidananda 2021 New Years Message

12月 27, 2021

ブラザー・チダナンダからの新年のメッセージ

もっと読む