理想と目的

パラマハンサ・ヨガナンダが示した Self-Realization Fellowship の使命

Back to Schedule
Donate

Self-Realization Fellowship

理想と目的

創設者 パラマハンサ・ヨガナンダ
会長 ブラザー・チダナンダ


各人が神を直接経験するための確固とした科学的技法を、世界中の人々に広める。

flower

人生の目的は自らの努力によって、生死に束縛された有限の人間意識から神の意識に進化することであることを教え、これを広く普及させるために、瞑想の聖所を、世界の各地に、各家庭に、各人の心の中に設立する。

flower

イエス・キリスト自身が説いた教えと、バガヴァン・クリシュナが教えたヨガとの根本的な一致を明らかにし、かつ、その根本原理が、あらゆる宗教に共通する科学的真理であることを示す。

flower

日々の、科学的で、神への愛に満ちた瞑想こそ、あらゆる真の信仰が最後にたどるべき神への近道であることを示す。

flower

人間を、肉体の病気と、心の不調和と、魂の無知の三重苦から救い出して、完全な自由の中に解放する。

flower

簡素な生活と高邁な思想を奨励し、人はみな神の家族であり、神性を宿した兄弟どうしであることを教えて、同胞愛の精神を広める。

flower

心は肉体にまさり、魂は心にまさることを、自ら実証して人々に知らせる。

flower

善をもって悪を、喜びをもって悲しみを、親切をもって残酷を、英知をもって無知を征服する。

flower

科学も宗教も、同じ原理の上に立つ一つの真理体系の中の異なる分野にすぎず、何ら矛盾するものではないことを実証する。

flower

東洋と西洋がそれぞれ育んできた文化的および霊的知識の相互理解を促進し、それぞれの最良の特質を学び合う。

flower

人類全体を大いなる自己と観て、それに奉仕する。

シェアする